思春期の甘え

(2011年12月21日)

 

さいきん、マイケルの機嫌が悪い。
むっつりした顔をしてろくに口も聞かない。

What’s wrong?(どうしたの?)

と聞いても、返ってくる返事は

Nothing(別に)

どうせ聞いたって、理由なんか説明してくれないと分かっているんだけどね。

一応、聞いてみる。
んで、反応がこんな感じの時は
もうあとは放っておく。

 

クリスマス商戦で店はどこも繁忙期。
マイケルは全米チェーンの大型店で、夜間納入の仕事をするようになって一ヶ月半になるが
夜中から明け方まで働いて、昼間はずっと寝ているというのがここのところの生活パターン。

昼と夜が逆転の生活が体にシンドイのか
それとも職場でイヤなことがあるのか
はたまた、どっか痛いのか。。。

言わないので分からない。
そして自分の昔を振り返る。

私も高校三年(18歳)の時は、始終家では不機嫌だったなあ〜。。。と

受験勉強で睡眠不足で
うちではろくに口も聞かずムスッとしてた覚えがある。

親の庇護のもと、住む場所にも食べる物にも困らず
守られて、自分のことだけ考えて毎日を送っていればよかったその有難さに気付きもせず
毎朝早く起きてお弁当を包んでくれる母に「ありがとう」も言わず
訳もなく自分を閉ざしていた。

マイケルを眺めながら思う。

母もきっとこんな気持ちだったんだろうなあ〜と。
人にしたことは必ず自分に返ってくる。
お母さん、ごめんね。
ひとつ覚えているのは、母は根掘り葉掘り聞いてくるタイプの母親ではなかったということ。

あれはどうなった?これはどうするの?この前のテストはどうだった?お友達と何かあったの?

云々を、一切聞いてこない人だった。

おそらく聞かれたとしても、

私も己の中のグレーな、漠然とした苛立ちを
うまく言語化して伝えることはできなかったと思うので

母がそっとしておいてくれたことには感謝している。
それを覚えているので
私もマイケルのことは、なるべく本人任せにするようにして
普段はめったに口出ししない。
ただあまりに無責任な、特に人様に迷惑をかける、または約束をやぶるようなことをした時には
ガツンと叱ってしまう。

もう19歳だし(アメリカでは18歳からを成人と扱う)
本人が何をしても「自己責任」と一切を言わずにおいたほうがいいのだろうか?

同年代の息子さんがいる(いた)お母さん、どう思われますか?

一応本人は神妙に聞いていて、あちらに言い分がある時は私も黙って聞くようにしている。

ただ、「これはここで言っておかないと、本人のためにならない」と思って叱っても
19歳相手に言葉で伝えたって
それがどれだけ本人の中に残るか甚だ疑問だ。
ここからは彼が経験を通して、イタイ思いもして学んでいくしかないのではないか?

と思ったり、でも

叱らないのは、単に自分がラクしたいからではない?
とも思ったり(だって叱るってシンドいですよね)

マイケルを心底信用してたら、心配なんかしないのでは?

と考えたり、はたまた

そもそも私が短気なだけじゃないの?
って思ったり、、、

「なんちゃって母」は、悩める年頃です。

 

 

← 99年の愛(続)

愛するということ →

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*