知覧の「なでしこ隊」

(2011年8月16日)

 

8月15日、終戦記念日。

戦争を体験したわけでもないのに
この日になると、神妙な心持ちになる。

先日、偶然 『戦場のなでしこ隊 〜少女たちだけが見た特攻隊』

というドラマを見た。

(上のYouTubeリンクは著作権保護のため音声はありません)

 

知覧のなでしこ隊

 

 

知覧に「特攻隊」の秘密基地があったのは知っていたが

まさか

その特攻隊員たちの出撃を見送った
少女たちのグループがあったなんて
この時まで、全く知らなかった。

そのグループが

なでしこ隊

と呼ばれたそうです。

知覧高等女学校の3年生。まだ15歳の少女たちです。

なでしこ隊

 

もう生きては戻ってこない特攻隊員たちの
最期の数日間の身の回りの世話をし、

家族に最期の別れを告げることさえ許されなかった
若き隊員たちの思いを
これから死にに行く人間の思いを
15歳という若さで受け止めて

出撃のときに
桜の枝を振って見送った
少女たちです。

「二度と帰らぬ皆さんにかける言葉など、、、見つかりません。」

「大きな爆弾と、片道分の燃料...足が震えて、とまらなかった」

 

ドラマ、一気に終わりまで見たが
目が「お岩さん」状態になるまで
泣いた。

でも、これはフィクションではなく
現実にあったこと。

右翼とか左翼とか
靖国神社の参拝の是非がどうとか
そういうことではなくて

かうて、国のために
そしてその国に住む己の家族を守るためにと固く信じて
命を犠牲にした多くの若者がいたことを

その人たちの犠牲のうえに
今の私たちの生活があることを

やはり忘れてはいけないと思うのです。

 

知覧の「特攻平和会館」

最後に訪れたのは、もう20年以上まえ。

来月帰省することになったので、
出来ればこの機会に、ぜひ知覧を訪れたいと思っているが

はて、そこに
夫を連れていっていいものかと
ちょっと考えあぐねている。。。

私もハワイに住んでいたころ、

ハワイの「アリゾナ記念館」を訪れたとき
(日本軍によるパールハーバー襲撃により撃沈した、戦艦アリゾナがある記念館)

たまたまアメリカ本土から、退役軍人の団体さんがやってきていて

「なんでこんな所に日本人がいるんだ?」

という奇異の目で見られたことがあるのです。

 

あの戦争は...

お互いの国に起きた、悲しい歴史だけど

やはりこれは知っておくべき事実だと思うし
次世代に語り継いでいかないといけない事だと思うし

アメリカにいると、どうしてもあの戦争を
アメリカ側の解釈でしか聞かないので
(「特攻隊」を「自爆テロリスト」と同じだと思ってる人までいる)

この機会に
できれば夫にも、知覧を見てもらいたいと思うのだが...

どうですかね。

やっぱ、難しいでしょうか。

 

 

← ちっぽけな自分

99年の愛(続) →

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*