私と再会

前回のブログを書いたのは、なんと2018年の夏。もう4年近く経ってしまった。

このブログが誰かに読まれるのか定かではないが、一応自分の記録のために書いておく。

この4年、私は人生の大きな転換期をぐるぐるーっとくぐりぬけている最中だった。

それプラス、ここ2年間は世の中、というか世界中が、これまたガーン!と半ば強制的に転換期に突入「させられた」感がある。

2020年以前では考えられないような日常が、今では私たちの日常になった。

みなさんはこの激動の時をどう過ごされていたのだろうか?

アメリカも一時は混乱状態だった。今回の騒動の責任はC国にある!と一部の人が騒ぎ始めたせいで、

C国 → 東アジア → アジア人全体に対する差別

にまで発展し、

悲しいことだけど、私も一人では外出しないように気をつけていた時期もあった。

辛いときは、他の何かに責任転嫁したいのが、人間の性(さが)でしょうか。

同時に

ずっと家にこもらなければならなくなったことで、自分との対峙を余儀なくされ

こころの深いところで眠っていた思いが

顕在意識に、ぷかぷかと浮かんでくるような体験も。

「今まで疑問も持たなかったけれど、これって本当に私に必要?

「そもそも、なんで生まれてきた?

「残りの人生、今までと同じように生きていきたい?

そして、2013年のブログにも書いてますね。

「どうして私はこんなにへとへとになるまで働いているのだろう?」と。

ん?ん?

なんかちょっと違う。なんかちょっとオカシイ。でも何がオカシイ?

わからない。うまく言葉で表現できない。

そんな感覚を拾えるようになったのも、ずーっと家にいたからだろうか。。。

以前のあの目まぐるしさで日々を過ごしていたら「なんで生まれてきた?」なんて悠長なことを考える余裕なんてあるはずもない。だって、毎日の生活をこなすので精一杯だったから。

それが普通だと思っていた。忙しい事はありがたいことで、人生は「修行」だとも考えていた。

今は、、、生きることの捉え方が、少し変わってきている。

今回のパンデミックで仕事を失くし、ひいては大切な人を亡くした方々もいる中で

「起こるべくして起こった事」とは、とても言い難いのだが

私個人的には「立ち止まって、よく見てごらん」と言われた気がしている。

このままいくと、あなたは授けてもらった体を酷使して壊し

こころも弱らせ

挙げ句の果てに、己の住む星、地球まで破壊するよ、と。

そんなメッセージを、ぼんやり受け取りながら

自分の現在地点も分からず、霧の中をウロウロ歩いているようなここ4年間だった。

そして、下した決断は2つ。

1。大学の仕事を辞める。

2。住む環境を変える。

そして、結果、、、?

なんか、40年ぶりぐらいに、自分と再会した、ような。。。

少しずつここに記録していこうと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*