愛するということ

(2012年1月24日)

 

愛するということ1

 

Facebookで発見したこの写真。
その笑顔の美しさに惹かれ、思わずクリック。

そしたら、18枚にも及ぶ一連の写真が続いた。

どの写真にも、この2人が手に一枚のカードを持って
映っているだけ。

だけどそこに、心に訴える強いメッセージがあった。

かなり意訳になりますが日本語になおしてみたので
少しの間、彼らの声に耳を傾けてみませんか。

 

僕の名前はジョシュ。18歳だよ。

愛するということ1

 

そして、この人はグレース。
僕のお姉ちゃん、そしてベストフレンド。

愛するということ2

 

僕には「障害」があるって言う人がいる。

愛するということ3

 

でもお姉ちゃんは、僕にはすごい「能力」があるって。
だから人が嫉妬するんだよって言うんだ。

愛するということ4

 

それは、「無条件に人を愛する能力」
そして、「その人のあるがままを受け入れる能力」なんだって。

愛するということ5

 

僕は、自分が自分であることを恐れたりしないよ (^^)

愛するということ6

 

僕はダウン症です。

愛するということ7

 

他の人より染色体の数が多いんだって。

愛するということ8

 

でもお姉ちゃんは
「本物の友だちは、おまえの染色体の数なんて気にしないよ」と言います。

愛するということ9

 

ときどき酷いことを言う人もいるけど、、、
たくさんの、たくさんの人が僕を愛してくれます。

愛するということ10

 

心ない言葉には、、、傷つきます。

でも

そうした言葉は、本当の僕を全く語ってないんだよ。

愛するということ11

 

本当の僕は、おちゃめで

愛するということ12

 

ユーモアだってあるし

愛するということ13

 

愛情いっぱい

愛するということ14

 

人の役にだって、たつよ。

愛するということ15

 

頭もいいし

愛するということ16

 

みんなと同じように、傷つく心も持っています。

愛するということ17

 

このままの僕を、受け入れてくれたら
僕たち友達になれるかもしれません。

愛するということ18

 

ジョシュとグレース

この若い姉弟がこれをFacebookに載せたのが、1月10日

それからたったの2週間。。。

その間に、なんと6万人近い人が
これを自分のFacebookページに載せてシェアしています。

2人のメッセージは、こうしてFBに乗って
あっという間に全米に(もしかしたら国外にも?)広がったわけです。

すごい時代になりました。。。

 

ただ、受け入れて
愛するということ。

 

ジョシュの笑顔もピカイチだけど
おそらく、弟のとなりにいて
たくさんの痛みを分かち合いながら育ってきたであろうお姉ちゃん
グレースの笑顔が
私にはとりわけ美しく見えました。

この2人のメッセージ、

日本まで届くといいな。

 

 

 

バレンタインの日の思い →

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*