見てしまった

(2010年9月4日)

 

見てしまった。

ビックリして
ショックで

頭がしっかり理解する前に、
涙がドーッとあふれてきた。
ダウンタウンからの帰り道、いつものように高速に乗り
車を走らせていたら
すぐ横のレーンが詰まってきて
私のいたレーンに皆がどんどん車線変更してくる

「まだ渋滞の時間じゃないのに?」と思っていたら

案の定、前方に小さく、白い車が停車してるのが見えた。

あ〜、かわいそうに、こんな所で車がブレークダウンしちゃったのね

と思っていた

繰り返すが、これは高速道路上でのことです。

その白い乗用車がみるみる近づいてくるにつれ
車のすぐ前をさえぎるように
サンドバッグが横たわっているのが見えた。

ちなみにその車は白のカローラだった。

カローラが屋根にサンドバッグ積んでいた??
そしてそれが荷崩れ起こして、高速道路のどまん中で、落ちた???

などと妙に思うあいだにも
私の車はその白のカローラに、どんどん近づいていた

この間、約数秒。

なんでこんなところにサンドバッグが落ちているのか
先を走るトラックが何かが落としていったのか
それともカローラが落としたのか

私は、ちと好奇心も手伝って、その状況を見極めようと
どんどん近づいてくるその現場に、
横目で注意を払っていた

いよいよその白いカローラが
斜め前方、数十メートルというところまで来て
はっと気がついた。

人だ!!

サンドバッグじゃない!!
人だ!!

人が横たわっている!!!

 

しまった!

と思った時には
もう遅かった

私はその光景を、しっかりこの目で見てしまった。

再度繰り返すが、
これは高速道路上でのことです。

歩行者がいるはず、ないんです!
真横を通り過ぎる
ほんの0.3秒
男性だった。

横たわる左手が見えた
頭部は私の車線のほうを向いていたが
原形をとどめていなかったように、思う。。。
ただ紅色の液体が、広がっていた

その光景に
一瞬パニックをおこし
頭は真っ白
動悸が激しくなり

それでも私は運転中だ

高速道路を時速80キロ以上でかっ飛ばしてる最中だった

利き手の右手をハンドルに置いたまま
左手では無意識に己の口を覆い

涙だけは止めどもなく溢れてきて
声も立てずに、私はただただ泣いていた

この地点から家にたどり着くまで25分くらいかかるのだけど、
一体どうやって運転し続けた(できた)のかは、あまり覚えていない。。。
やっとこさ家に着き
玄関のドアを開けると、ちょうど相方がそこに立っていて
私の形相を見るやいなや

「どうした!?」
人間おもしろいもので

気が動転してるときに外国語なんて、でてきやしません。

私はそりゃもうバリバリ日本語で、
自分が目撃してしまったショックな光景をダーッとまくしたて
もう泣いているのでろれつも回らなくて、とにかくダーッとまくしたて

日本語を解さない旦那は
目が点

パニくるかみさん目の前に、何がなんだか訳わからず
ただオロオロするばかり

 

泣くって、人間の防衛本能なんだ。。。

自分が一瞬にして抱えたものすごいストレスの重圧を
泣くことによって、ずいぶん緩和できた気がする。

夫が、「とにかく、これ飲んで!」

と手渡してくれたビールも助けになった。
収縮してた筋肉の緊張が、アルコールでほぐれて
一本飲み終えるころには、気持ちもかなり落ち着いていた。

やっと、何があったのかを彼に英語で説明することができたのは
二本目を飲んでいるときだった。

その人は
私が見てしまった、その人は
飛び降り自殺だった。
夕方のニュースで言っていた。

高速すぐ真上の陸橋から、、、飛び降りたのだ。
66歳の白人男性だったそうだ。
もともと自殺願望があった人のようで
直前にも、その陸橋のところで止めようとする奥さんと
激しくもみ合ってるのが目撃されていた。

その奥さんの手を振り払い、彼は飛び降りたのだ。

私がその奥さんだったら
気が狂う、、、!!!

同様に

たった一人の、赤の他人の死を目撃しただけでも、
人はこれだけのショックを受ける。

戦争なんて、考えても見て下さい。
周りで同じ人間が血みどろになってどんどん死んでゆく、、、そんな光景を見て
まともな人間が
平常心を保っていられるはずがない!

この見ず知らずの初老の男性の人生の最期を
私は偶然目にすることになった。

この人はどんな人生を歩んできたんだろうと思った。

同時に、あと数分早くあそこを通過していたら
彼の死を目撃する事はなかっただろう。

または、警察がすでに到着して現場を囲ってしまった後だったら
あの生々しい光景を目にする事はなかっただろう。

私が今回たまたま手にしてしまった
この悲しい偶然を
なんだかとてもとても胸の内深く、抱いてしまいます。

まだ自分は生きている。

なんとでもなる。
がんばろう。

家族もみんな無事に
家に帰ってきてくれた。
そんな今日に、ありがとう。

 

うまく言えないけれど
そんな事が伝えたくて書きました。

今日のブログは重い内容で、ごめんなさい。

 

← 鹿児島の姫さん

「育てる・育てられる」という関係ではない →

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*